ママ、好きよ

投稿者:わかほ (1982年生まれ/女性/東京都在住)

2歳の長女に言われた一言が忘れられません。
私は専業主婦なので、就学前の娘とは毎日一緒にいます。
日々の成長を見守れる一方で、イヤイヤ期が始まった娘とべったり毎日過ごす事は苦痛に感じる時があります。

特に食事の時にイヤイヤをされるとかなり辛いです。
ある日も娘はイヤイヤを全開にしており、夕飯の野菜をなかなか食べてくれませんでした。
野菜を海苔で巻いたり、ハートや動物の形に切ったり、みじん切りにしたりと工夫して娘の食べやすいようにしていましたが、それでも娘は「いらない」「いやっ」といって投げたので大きな声で怒りました。
娘はびっくりして少し止まったものの、また泣いていやいやするのでカーッと頭にきました。
娘を椅子から降ろし、食事を終わりにして「もう知らない。」と言ってトイレに隠れました。

トイレの中で泣き声が聞こえていたのですが、しばらくして静かになりました。
どうしたのかなと思っているとガラッとトイレのドアが開いて娘が顔を出し、にっこり笑顔で「ママ、好きよ」と言ったのです。
びっくりして思わず、ぎゅっと抱きしめました。

娘はちょうど二語文を話し始めたばかりで、好きという言葉を初めて聞いたのでびっくりでした。
さっきまで大泣きしてた娘が天使の笑顔を見せてくれて、さらにそんな言葉を聞けるとは。

嬉しさと怒った事への申し訳なさで一杯でした。
仕事から帰宅した主人に話したところ、娘はよく親の顔を見てるから、怒った母親を笑顔にさせようと思ったはずだよと言われ、泣きそうになりました。

育児は24時間営業です。
昨日できなかったことが出来るとちょっとしたことでも嬉しく思います。
しかし、毎日一緒にいると成長のあかしとわかっていても、娘の言動にイライラして我慢できないことがあります。

娘がのびのびと成長できるように出来れば怒りたくありません。
娘の事でイライラしてしまう、そんな時はこの場面と言葉を思い出すようにしています。

error: