無理しないで。自分のペースでいいんだよ。

投稿者:みさちん (1977年生まれ/女性/神奈川県在住)

私が田舎から東京にでる時に長年付き合いのあった友人がかけてくれた言葉です。
今思うと私は何でも抱えてしまう性格で「~しなければ!」という思いも強く、家庭でも恋愛でもこうでなければという思いが強い人間でした。
またそうでない人を理解できない気持ちでした。

そうした生き方がうまくいっている時はなお当たり前のものとなり、そうでないといけないという気持ちは更に増幅し、自分の強い意志となって誰にも止められなくなっていたのかもしれません。
結局のちに人生の予定が崩れ、うまくいかなくなった時、自分がすべての犠牲者のように思いぼろぼろな気持ちになりました。

そんな時に何か踏み出すために見つけた東京での職業訓練の半年講習。
私にとって東京にでるということはこれから訪れる苦行の始まりだという思いで決して夢をもった旅立ちではありません。

周りからは頑張ってと言われることが多い中、ある友人からさらっと言われたけどとても優しい言葉だなと心に染みました。
うまくいかない時、焦りからどうしようもく逃れられない時、今でも彼女の言葉を思い出し救われます。

今はくじけそうな時も無理せず自分らしくできることからしよう!誰かに甘えてもいい、弱音も吐いたらいいと思える気楽さが、自分の予想以上の能力を発揮できたり人に優しくできている様に思います。
私の生き方を、いいタイミングで救ってくれた言葉です。

努力はするべきものです。
でも抱え込むものではないですし、楽しめなければ何かを責めなければならなくなる時がくるかもしれません。
それにそっと気づかせてくれた言葉です。

あれから5年、それからそのまま移住し東京でお仕事をしています。
また自分らしくいられる人生のパートナーもできました。

あの時、以前の様に突き進めばまた息切れしてしまい壊れてしまったかもしれません、
彼女は、言葉の通り自分のペースを崩さず楽しみながら子どもを育て、来年には大学生になるそうです。

彼女の姿と言葉がリンクし今も心に残る言葉です。

error: