信念を持って迷いなく生きる事がとても大切ですよ。

投稿者:うめ (1963年生まれ/男性/群馬県在住)

その言葉に出合ったのは新卒で就職をし社会人としての第一歩を歩きはじめた1年目の仕事先でのお客様との会話の中からでした。
大学生時代はまだまだ親の有難みもさほど感じていなく、意識過剰と言えるくらい自分は一人前の人間なんだと勘違いをしたまま好き勝手に毎日を過ごしていました。
そんな未熟者が社会人として通用しないということは自覚しておかないといけなかったのですが。

就職活動を始めるにあたって幾度か性格判断をしましたが、いつも大体同じような結果が出てきました。
例えば『対人関係』では地味でおとなしい性格。
『行動特性』は塾慮的かつ計画性もあり失敗に対する反省能力もある。気配りが出来る。考え過ぎる事が多く、結論を出すのに時間がかかることが多い。
『業務対応』は表に出さないこともあるが自分の考えを持って行動する。
『環境対応』は思い込みが強く理想を追う傾向がある。
『情緒および精神面』は責任感が強いが心配性。
というような判断結果ばかり。
自己判断してみても思い当たる節がたくさんありました。

性格は昔からそれほど変わってないと思いますが、考え方は学生時代と社会人になってからではかなり変わったと思います。
なによりも両親にたいする感謝の気持ちを強く抱くようになりました。
仕事先で一人の年配の女性社長から頂いたお話のおかげで、自分自身の人格ががらりと変化したと思います。
それからはマイナスに考えがちであった自分の性格をプラス方向にむけて考えることが出来るようになったのです。

大学を卒業して金融機関に就職しました。
いきなりカバンを持たされて営業職としての渉外活動をゼロからスタート。
得意先の営業活動は、ノルマに縛られ同期や職場仲間との競争がつねにつきまとって毎日プレッシャー。

既存のお客様からは叱咤激励されつつ、やさしく声をかけて頂きました。
美容店のオーナーからは設備投資の相談、大地主の方からはお茶の飲み方、建設会社の専務からは草野球部への勧誘、不動産会社の社長さんからは結婚相手探しなどなど。
その他たくさんの方々にお会い出来、色々なお話や教えを頂きながら自分の渉外スタイルが出来てきました。

一番印象が残っているのが、地元の大地主さんからのお話。
「世の中にはたくさんのことがあります。
楽しいこともあれば、苦しいこともあります。
大切なのは信念を持つ事ですよ。
信念をもって生きなさい。
信念を持って迷いなく生きる事がとても大切ですよ。」
というお話。

それまでは自分の自信のなさから思うような成績も上がらず中途半端な自分でしたが、それからは頑張る糧を得られ営業活動に専念することが出来るようになりました。
成績も自然とついてくるようになり、理事長から優秀賞という賞を頂けるまでの結果も出すことが出来るほどに。

人にはそれぞれ個性(性格)があります。
自分は幸いにも営業職時代にお客様から個性をうまく引き出させていただきました。
自分が成長するには、まず自分自身に迷わない事。
信念をもって生きること。
人の個性は考え方次第で、良い方向にもそうでない方向にも向いていくと思います。
今でも忘れられない大切な大切な言葉です。

error: