人生に関する一言

いい子でなくていいのよ

長女として生きてきたわたしは知らず知らずのうちに自分を押し殺し、両親に迷惑がかからないように、甘えることもなく、できるだけ自分の力でなんとかしようとする傾向にありました。 また、甘える弟を羨ましくある一方でそれまで甘えることなく育ってきたので、人に物事を頼んだり、委ねたり、相談することも苦手でした。 だから、学校や人前…

Life is good!

アメリカに滞在して十数年、色々な方々に出会いました。 あらゆる国の方と出会い、お話しながらいままでに見聞きしたことのない世界を知ることも出来て日々勉強になっています。 その中でも私がアメリカで初めて親友と呼べる方に4年前に出会いました。 その方はスペイン人女性で、見たことのないくらい社交的な人柄にグイグイ引っ張られて、…

特に勉強したいことがないのならお嬢さん学校に行きなさい

高校生の頃、なんとなく進学はしないといけないよな・・・と思いつつもこれという明確な目的もなくモヤモヤしていました。 親は余分なお金などかけたくないから働いてくれるのならそれでもいいという感じで、更にやる気は置きませんでした。ただバイト先で大学生をみていると、一生に一度は経験しておいたほうがいいかも・・・という気はしてい…

あなたは今、夢の上で生きている

幼い頃から海外で働きながら仕事をしたいという夢を持ち、実際に海外で働きながら留学していた頃がありました。 最初は全てが新鮮で楽しく過ごしていましたが、働きはじめてからは慣れない英語に挫折しながら想像以上に辛く大変な時がありました。 毎日朝起きて夜遅くまでただ必死に働く日々を過ごしていました。 そんな中、働いていたあるレ…

何処に行こうと何をしようと、いつまでも君のままで居てください。

大学を卒業し、自分の夢を叶えるために実家のある北海道を出て東京に向かう時のことです。 父からもらった一言が、今でも私が人生に迷ったときの指針となっています。 当時東京に行く事は、母には随分前から相談していたものの、父にはなかなかその事を告げられずにいました。 結局出発3日前というギリギリになって、「私、明後日東京行くか…

汗かけ、恥かけ、声かけろ

私は、大学時代に体育会系のバレー部に入っていました。 教育学部だったので、3年生の秋に、付属小学校での1ヶ月間の教育実習がありました。 その教育実習は、過酷すぎて自殺した学生がいるという噂まで聞くほど、学生にとってしんどいものだったようです。 睡眠時間も3〜4時間しかないと言われました。 なので、先輩や教授らも教育実習…

人生ピークは90歳

数年前に、主人と出かけた温泉旅行での話です。 その頃、私たち夫婦は入籍してから間もなく、新婚旅行を兼ねたような旅でした。 結婚したばかりで、全てが輝いて見えた日々はあっという間に過ぎ、これからの夫との暮らし、将来のことなどを深く考え不安や希望を抱くようになっていました。 私と夫はいわゆる歳の差婚。 夫は私よりも一回り以…

最大の名誉は倒れないことではなくて、倒れる度に立ち上がることなんだ

私の思い出に残る一言は小学校の頃の担任の先生に言われた言葉です。 今でも何か物事に失敗して落ち込んだりするとこの言葉を思い出して次の行動に移る勇気をもらっています。 その言葉を先生に言われたのは小学校最後の運動会の時でした。 私はリレーの選手になり、アンカーになりました。 言うまでもなくリレーは運動会の花形で、その結果…

生きていれば、何度でもやり直せる!

私が高校生の時、当時の担任の先生が言ってくれた言葉を今でもよく思い出します。 当時の私は、いわゆる優等生で、勉強ではいつも学年トップを争う成績。 放課後はチアリーディング部に所属し、汗を流して練習に明け暮れる日々でした。 早い時期から進学したい大学も決まり、 夢や希望に溢れる高校生活を過ごしていました。 ところが、高校…

迷って迷って立ち止まって、また進めばいい。進めば止まるし止まれば進む。たまには下がることもある。

高校を卒業して、そのまま就職の道を進んだ私でしたが、仕事をしていく毎日の中で、きっと当時は色々なものが積み重なって生れてきた気持ちだったのでしょう。 このままこの職場にいていいものか、今の環境が特別に悪いわけではないけれどもどこか引っかかるところがありました。 やりがいと人間関係を天秤にかけるのは難しいことで、当時の詳…

error: