君と出会えた事は、僕の人生の中で一番の幸せだよ。

投稿者:大和撫子 (1957年生まれ/女性/東京都在住)

その言葉が夫の口から出たのは、私の50歳の誕生日のときでした。
しかも夫が企画していたサプライズのパーティーで、多くの友人の前にしての言葉でした。

その日、私は夫から「○○夫妻の自宅で、君の誕生日を祝ってくれる予定だよ。」と言われていて、
私は仲良しの友達夫妻と4人で50歳の誕生日を祝うのかな、と軽く考えていました。
夜になって、少しお洒落をして夫と一緒にその友達の家へ向かいました。
友人夫妻は、近所なので歩いて行ける距離です。
角を曲がったところに、テラス席のあるお洒落なレストランがあるのですが、曲がった途端に沢山の友人たちの笑顔がありました。
一瞬の間があって、皆が一斉に「誕生日おめでとう!!」とクラッカーを鳴らしました。

私は全く予期していなかったので、最初はぽかーんとしてしまいました。
それから、夫を見上げると本当に可笑しそうに笑っていました。
ここまで私に気付かれないように、完璧に準備が出来て大成功だったという顔をしています。
あんなに嬉しそうな夫の笑顔を見たのは、本当に久しぶりでした。
私達夫婦は、この半年ほど関係が少しギクシャクしていたからです。

デザートが終わり、皆の雰囲気もほろ酔いになってきた頃、夫がワイングラスを鳴らして皆の注目を集めました。
「皆さん、今夜は妻の50歳という節目の誕生日を、一緒に祝ってくださって、本当にありがとうございます。」
そう言って、夫のスピーチが始まりました。皆、会話を止めて夫の話に耳を傾けています。
私達の馴れ初め、今までの苦労を乗り越えてきた話などを笑いを交えながら話た夫は、スピーチの締めくくりの部分で私を見つめ、「君と出会えた事は、僕の人生の中で一番の幸せだよ。」と言って、「誕生日おめでとう!」とワイングラスを掲げました。

夫のその一言が嬉しかったのには、深い理由がありました。
半年ほど前に、夫の浮気が発覚して、私は夫への信頼感を失っていたからです。
夫は深く反省して謝ってくれたのですが、私の傷ついた心は簡単には癒されませんでした。
そんな経緯があったので、私達が親しくしている友達を集めて、皆の前で私への気持ちを話してくれた夫の気持ちが本当に嬉しかったのです。
夫を許し、また二人で力を合わせて生きて行こうと思えました。

error: