お前の悪口を言うやつはお前のことが嫌いで言ってるんじゃない。 お前がうらやましくて言ってるんだぞ。

新入社員として入った会社はとても小さくてこじんまりとした会社でした。 めったに新卒を採用しない会社でしたが、私のときは3人採用者がいました。 私はあまり目立つほうではなく、ほかの2人は華やかな印象でどんどん置いていかれました。 入社してしばらくたった頃、社内で私についての根も葉もないうわさがとびかっていることが分かりま…

自分が変わらなければ相手は変わってくれない

私は、中学一年生の夏休み前から急に友達から無視をされいじめられるようになりました。 心配かけたくないと思い親には黙っていましたが、様子が違う私に母は気付いてくれました。 無理に学校に行かすようなことはなく休ませてくれ、責めることなく話を聞いてくれました。 いつまでも休んではいけないと思いながらもしばらく不登校になってし…

お前は何があっても絶対食っていけるよ

それは、高校生の時入っていた部活のコーチが言ってくれた言葉でした。 高校三年生の時私は、いろいろあり引きこもりがちになっていて、正直卒業も怪しいレベルの出席日数、成績でした。 ただ部活だけは真面目に、そしてその道でプロになりたいと思うほど真剣に打ち込んでいたので、引退してもコーチが来る日はたまに部活に顔を出していました…

失敗は失敗でも前のめりに失敗するなら誰も責めやしない

私はあまり出来の良い人間ではないと自負しています。 何かに対して大成功を収めたことがなく、どちらかと言えば失敗の方が多い。 元々他人からの評価を気にするタイプの人間であった私は、失敗の連続の日々によって何事に対しても臆病になっていきました。 そんな臆病になってしまった私の意識を切り替えるきっかけとなった一言があります。…

自分が信頼できる人なら良いよ。

私は現在33歳の主婦です。 これは、私が結婚することに決めた事を両親へ報告した時のお話です。 29歳の頃、当時付き合っていた彼と結婚することを決めました。 彼と交際をしていたことは両親とも知っていましたが、結婚を考えていないなら他の人を探してもいいんじゃないのと母にはよく言われていました。 そんな彼と結婚を決め、独り暮…

生きるために移動するのです。

私は子どものころから引越しばかりをしていて、それにすごく疑問を持ち、いったい私はいつになったら定住・安住できるのか?と思い悩んでいました。 引越しがイヤだったわけではなく、年齢とともにこのまま定住できずに終わってしまうのかと悩んでいたのです。 転勤族でもないのに引越しばかり。 もちろんそこにはいろいろな事情があったので…

金に汚いやつは、すべてに汚い

A man dirty with money, dirty everywhere ~金に汚いやつは、すべてに汚い~ 離婚した夫が言っていた言葉です。 割と裕福な家に生まれ、何不自由なく育った私です。 海外の大学を卒業後間もなく結婚し、安定した収入のある夫のもとで専業主婦になったので、その意味は分かりませんでした。 お金…

この世に損な経験はひとつもないぞ。

これは僕が21才の時の話ですが、料理の専門学校を卒業して就職しました。 僕は地方の出身ですが、初めての就職は関東ということで気分も一新して気合いを入れて料理の会社に入社しました。 もちろん覚悟はしておりましたが、楽な仕事でもなく、当たりの強い言葉をかけられたり仕事量の多さから時間内に終わらず怒られたり、なかなか厳しい荒…

しなやかに、したたかに。

20年以上前の話になりますが、私は子育てそして友人は仕事とそれぞれに忙しい日々を送っていた頃の話です。 二人で軽く食事をしながら、よくお互いの悩みを話し合っていました。 その時の話の内容自体はあまり記憶にないのですが、そのときに教わった一言が今でも忘れられずにいます。 当時彼女は仕事の壁にぶつかっていました。 仕事上な…

完璧な人なんていない。

私が高校生の時に付き合っていた彼氏からの言葉です。 私は曲がったことが嫌いで頑固な性格で納得出来ないことがあると彼に相談したりしていました。 学生あるあるですが夜電話を始めて朝まで語り合うこともよくありました。 その中での一言で、大人になった今でもよく思い出される一言です。 私はずっと母子家庭でした。 でも、母子家庭で…

error: