明日仕事やめておいで!

投稿者:はゆり (1977年生まれ/女性/静岡県在住)

これは仕事に悩み、辛い時に祖母に言われた言葉です。
小さいころから自他ともに認める『おばあちゃんっ子』の私は大学・社会人時代から結婚までの10年以上を祖母の家の2階を借り、2人で暮らしていました。
小さい頃から祖母に「がんばれ!」と言われた記憶がありません。
私の真面目で融通の利かない性格を分かってくれていたのだと思います。

誰もがぶつかる壁ですが、社会人になって数年は悩みと苦しみの連続でした。
何も言いませんでしたが、私の悩んでいる顔を見てずいぶん心配させていたと思います。
そんな様子を温かく見守り、いつも美味しいご飯でエールを送ってくれました。

ある時あまりに追い詰められ、祖母に『こんな日々が続くなら消えてしまいたい』とぽろりと言ってしまいました。
そんな私におばあちゃんは『明日、仕事やめておいで!』と笑顔で言いました。
『頑張りなさい』『そんな事言ってはダメだよ』と言われると思っていたので驚きました。
そんな私に、『人間死ぬ気になれば何だってできるんだよ。ずっと見てきたけどそんなに苦しいなら仕事を辞めておいで。
若いのだから何だってできるんだよ。世界は広いのだからもっともっと人生を楽しみなさい。』と伝えてくれました。
そして何度も『大丈夫』『何とかなるよ』と言ってくれました。
私はかなりながい時間涙が止まりませんでした。
ずっともがき苦しんでいた私に違う道もある事を教えてくれました。
違う道を選ぶことは逃げる事ではないと教えてくれました。
そう思うと肩の荷がスッと下りた気がしました。

私は祖母の優しさの中に強さを見た気がしました。
祖母は戦後の混乱の中を生き抜いてきた人です。
生きる事が大変だった時代、大変なこともたくさんあったと思います。
だからこその力強い言葉だったと思います。
心の中にすっきり晴れた青空が久しぶりに戻った気がしました。
今でもこの時の祖母の温かい言葉を思い出すと心が温かくなる大切な大切な言葉です。

error: