自分はこれだけやってますと態度に出すといけないけどな

投稿者:章さん (1972年生まれ/女性/宮崎県在住)

退職して別の会社に勤めている方が上司を訪ねてきて職場の話を色々としていました。
再就職した先では年齢は上でも新人だから掃除などを率先してしていると話していました。
朝も誰よりも早く行って玄関や事務所の掃除をして、駐車場の草刈りや木の剪定などもしているとの事でした。
他の人が誰もしないので、結局いつも一人で掃除をしていて、ますます皆しなくなると言っていました。

その時です。
少し愚痴まじりの話を感心じゃないかと聞いていた上司でしたが、「自分はこれだけやってますと態度に出すといけないけどな」と言ったのです。
自分だけがやってるとか思いながらやるとその雰囲気は伝わるから周囲も面白くないからとのことでした。
話をしていた方も、私もそれは気を付けているつもりですが、時々は態度に出してしまっているかもしれないですねと言われていました。

実は上司の言葉に一番驚いたのは私かもしれません。
私は以前の職場でまさしく自分はこんなにやっているのにと思ってしまっていたのです。
忙しい職場で、掃除をしようと思えば朝早くするしかありませんでした。

当番が決まっていましたが、誰も掃除をする人がいなくて、結局私が一人でしていたのです。
事務所を綺麗にするのは当たり前の事だと思っていたので、最初は何も苦になりませんでした。
早く出勤して掃除をしてゴミ出しをして、気持ち良く仕事を始められたのです。

時が経つとその気持ちを忘れてしまい、いつしか不満が燻るようになりました。
私だけがやっている、私はこんなにやっているのにと、いつの間にか態度に出すようになっていました。
そうすると周りの人も手伝おうという気にもなれず、逆に不愉快になっていたと思います。

今思うと、自分が恥ずかしいです。
本来、掃除をするのは当たり前ですし誰に強制されたものでもありません。
気持ち良く仕事をする為に、またお客様に気持ち良く過ごして頂く為にしていたのです。

見返りを求めるものではないはずなのに、求めてしまっていたのだと思います。
上司の言葉を聞いて今さらながら反省しました。

どんな事にも言えると思います。
これだけやってるのにと思いながらする事は自分の為にはなりません。
上司には大切な事を教えて頂きました。

不満が燻りそうな時、自分を戒める為にもこの言葉を思い出しています。

error: