どんなに頑張っても過去と人は変えることができない

投稿者:かれん (1982年生まれ/女性/東京都在住)

仕事で思い悩んでいたことがありました。
自分は一生懸命取り組んでいるつもりなのに周りが協力してくれないと感じ、イライラしてしまっていました。
もっと手伝ってくれたら良いのに、頑張っている自分を認めて欲しいと思っていました。

そんな私の悩みを打ち明けた同僚に、「頑張っているのは見ていればよく分かるけれども、どんなに頑張っても過去と人は変えることができない」と言われ、ハッとしました。
変わって欲しいといくら願っても変わることなんてほとんどないこと、最初から期待してはいけないということに気付いていませんでした。
そして、それと同じように過去も変えられないという意味が痛い程伝わってきて、自分のことしか考えていなかったことに気付いたのです。

人から言われなくても気付くべきことだったのかもしれません。
でも、一生懸命になり過ぎていると、周りが見えなくなっていました。
その言葉の意味を理解した時、自分の視野の狭さを実感し、反省しました。
そして、その言葉は裏を返すと、人は変えることができないのだから、何かを変えたかったら自分が変わるしかないということなのです。
だから、自分が変わらなければと思うようになりました。

手伝ってくれない、認めてくれないと嘆く前に、その人は今どういう仕事をしていて、どう手が空かないのか、何か手伝えることはないのだろうかという姿勢でコミュニケーションを取るようになりました。
今まで、カリカリした態度を取っていたこともあり、周りはどういう心境の変化なのかと驚いている様子はあったものの、こちらから円滑なコミュニケーションを働きかけたことによって、仕事も上手く回るようになりました。
今までは、自分のことしか見えていませんでしたが、他の人の状況をきちんと把握することで、色々なことが納得できるようになりました。

過去と人は変えることができないという同僚の言葉は、きっと一生忘れることはないと思います。
仕事に悩んだり上手くいかないことがあった時には、思い出したいと思います。

error: