仕事は暗記だけではダメだよ。

投稿者:ton (1991年生まれ/女性/東京都在住)

学生時代はただひたすら歴史上の人物の名前を覚えたり、数式を暗記したり、化学記号を覚えたり、etc‥。
それで良い成績をとり、良い学校に進学し、良い就職先に就く。
こんな風に世の中は暗記していい結果を残せばうまくいくものだと思っていたあの頃。
それが通用しなくなったのがここ数年。
自分が社会人になってからは暗記だけではうまくいかないことが多くなってきました。

社会人になり、業務を遂行する中で必ずと言っていいほどぶち当たる、先輩からの厳しい言葉の数々。
「何度言ったらわかるのか」
「同じミスをしているよね?」
自分は暗記が得意だったハズ。
しかし社会人になってからはどうもうまくいかない。
覚えたことが全く出てきやしない。
今まで学生時代に頑張ってきたことは過去の栄光だったのか‥?
自分のミスや上司からのフィードバックを受け、何度も反省しました。

ある日、既に現場から離れ、別の仕事に従事している先輩と話す機会がありました。
私「◯◯(先輩)さん、あの業務のこと覚えてます?今度似たような業務をすることになっていて。」
過去に対応した業務について先輩に質問をしてみたところ、
先輩「あぁ、あれね。あれは‥」
現場を離れて何年も経った先輩が、驚くことにスラスラと細かな当時の業務内容を私に教えてくださいました。

私「よく覚えてますね‥!私、そのこと自体は覚えていたんですけど、内容までは抜けてしまっていて‥」
私が驚嘆していると、
先輩「うーん。覚えていたというよりは、業務の本質を理解していたから、思い出せたのかもね〜。」
と聞かされ、私はハッとさせられました。
続け様に
先輩「仕事は暗記だけではダメだよ。絶対忘れるから。その業務の背景だったり、本質を理解しないと頭に入ってこないでしょう?」

先輩からのこの言葉で自分がどうして今までうまくいかなかったのかがようやく理解できました。
社会人になっても学生時代の名残で、暗記、暗記、暗記、の形だけで中身を全く理解しようとしていなかったのです。
先輩からの助言を頂けたその日以降、自分のやっている業務に対して「そもそも何でこういう工程をやっているんだっけ?」と、常に疑問を持ち、一つひとつ自分の中で落とし込みをするようになりました。

error: